日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

お知らせ
news

鈴木元彦「日本の最も美しい教会」 書籍出版

書籍名:日本の最も美しい教会
著者(共著):八木谷涼子(文)、鈴木元彦(写真)
出版社:エクスナレッジ

x_church_cover_1130c

一度は訪れたい世界に誇れる日本の聖堂

隠れキリシタン発見の地となった長崎の教会群から、
日本の大工技術が光る木造教会、
近代建築の巨匠たちが残した建築遺産まで、
61の美しすぎる祈りの空間を厳選しました。


日本でのキリスト教は1549(天文18)年、
フランシスコ・ザビエルによりもたらされ、
その後の禁教期を経て、1859(安政6)年に
ふたたび宣教師の活動がはじまりました。
そこから現在に至る約150年の間に、
生きた信仰の場をつくりだし、
そしていまや建築遺産ともいうべき
美しい教会堂が数多く建てられてきたのです。

amazon 『日本の最も美しい教会』

(posted on 2016/12/16)

back to top of this page
TOP