日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

コラム
column

町並み探訪vol.37 (岐阜県各務原市・その2)

春になり、桜が咲き誇る季節がやって来ました。
が、今年も平年より早く葉桜になりました。

各務原市中心部を流れる「新境川堤」の両岸約3kmには、地元出身の「市川百十郎」が寄贈した約1,000本の桜が植えられています。このため、百十郎桜とも呼ばれています。
各務原市民公園にも隣接していて、ここを主会場に満開時期には桜まつりも開催されます。
公益財団法人日本さくらの会「日本さくら名所100選」にも選定されています。
今回は私の事情により夜桜の作品になりましたが、昼間の桜も勿論美しいですね。


「名古屋鉄道 各務原線」赤い電車とピンクの桜は、誰しもが鉄道カメラマンになります

「JR東海 高山本線」名鉄と並行して川を渡っていきます

「新境川と提灯」桜まつり期間中は多くの人で賑わいます

「花見橋」新境川に架かる遊歩道橋は桜がモチーフになっている様です

(posted on 2022/5/2)

林政司

Writer:

戻る

back to top of this page
TOP