日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

コラム
column

NOSTALGIC JAPAN㉜「青い森鉄道 三戸駅」 青森県三戸郡南部町

青い森鉄道線(旧東北本線)三戸駅。
三戸駅は三戸町には無い。青森県南部町にある。

コンクリート造の横長の駅舎。開業は1891年(明治24年)
国鉄時代は特急「はつかり」や寝台特急「はくつる」の停車駅でもあったらしい。
相対式&島式ホームによる複合2面3線構造で、国鉄時代から姿を変えていない様だ。

ミッドセンチュリーなイスが鎮座している待合室

2022年3月11日をもって窓口営業を終了。駅員無人配置駅となった
駅前通りに目をやると、大正ロマンな建物を発見する。
国登録有形文化財となっている村井家住宅。

木造モルタル仕上げ

正面妻壁の3連アーチ窓が特徴的

通りを歩くと雰囲気のある建物が佇んでいる


永眠しているガソリンスタンド


1968年式トヨタ・パブリカ800デラックス(UP20)

青い森鉄道のダイヤを見ると、八戸方面からの列車の多くが三戸駅で折り返している。
三戸駅以南との乗客の需要に大きな格差があるのではないか。
勝手にそんな事を考えながら帰路についた。

(posted on 2022/3/16)

海老原一己

Writer:

戻る

back to top of this page
TOP