日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

コラム
column

暗室方丈記「その20」

元、文学少年のオイラは今でも本を読むのが好きだけどライトノベルはお子様が読むもので興味なし。と思っていたら山梨県北杜市長坂のオギノの本屋さんでたまたま手に取った「スーパーカブ(角川スニーカー文庫)」を読みだしたらこれがびっくりするぐらい面白い、現在7巻まで出ています。65歳の中年おやじ(おやじじゃなくて前期高齢者だよ)がライトノベルを読むとは思わなかったぜ。

北杜市小淵沢町にアトリエがあるので、この小説の舞台の日野春駅・釜無川・牧原交差点・七里岩などはいつも通る所。なんとこの「スーパーカブ」がアニメ化されて4月上旬から放映中。静寂の中、日常の音・カブのエンジン音そしてピアノの音色、(ドビュッシーなんだって)、ほとんど会話がなくて抒情詩のような進行。背景や登場人物の仕草もすごく丁寧に描かれている。地域によって放映時間とか違うようなので小熊の世界をぜひ見てね。

(posted on 2021/4/24)

篠澤裕

Writer:

戻る

back to top of this page
TOP