MENU

日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

設立25周年企画展

25th anniversary exhibition

山形県 山形鉄道 フラワー長井線 羽前成田駅

山形県南陽市の赤湯駅から西置賜郡白鷹町の荒砥駅につながるフラワー長井線は、山形鉄道が運営する全長30.5kmの路線。

1922年(大正11年)に開設し、国鉄時代から幾度もの改修工事を重ね、ほぼ当時の姿を残した味わい深い木造駅舎。

大正・昭和・平成と時代を繋いできた駅舎は令和になった今でも人々の記憶の中にあり心を和ませる。

駅舎のプラットフォーム側には鉄道林が線路沿いに並んでいる。

きっと駅舎と乗降客を冬の厳しい風雪から守ってくれているのだろう。

フラワー長井線は木造駅舎が数えるほどしか現存しておらず、その存在が貴重なものになっている。

羽前成田駅は「おらだの会」の尽力によって、この姿が維持されている。

(posted on 2024/6/20)

戻る

PageTop