MENU

日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

設立25周年企画展

25th anniversary exhibition

岡山県 JR因美線 美作滝尾駅

因美線が中国山地に分け入る山裾に美作滝尾駅はある。

ここから山越えが始まり峠を越え鳥取県側の智頭に向けて一気に下り降りる。

駅舎は昭和三年の竣工時の面影を色濃く残し、映画、PVのロケ地として登場したのも頷ける。

今回の企画では当初からすべて鉄道での撮影行と決めていた。

当駅では5時間弱の待ち時間を強いられる事になるが、この時間が至福の時間になり、日常の生業にしている撮影とは一線を画く光と影のうつろいを感じずにはいられない待ち時間になった。

光が動くと連動して動く影、小さな駅舎がそれにつられて連動しているようだ。

こんな撮影をしているとどちらが本業か分からなくなってきた。

(posted on 2024/6/18)

戻る

PageTop