日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

会員へのお知らせ
members news

役員会報告 2018年2月4日

場所:
リゾーピア熱海 会議室

出席者:
高井・小川・堀内・水谷・丸山・篠澤・三輪・海老原・山田・津布久・中塚・鈴木・浅田・中島・伊藤

議題:

  • 大橋富夫さんの「お別れ会」についての説明
  • 富士フィルム中判デジタルカメラの貸出しの件
    富士フィルムイメージングシステムズ㈱さまよりGFX50sを用いて建築写真でのテスト撮影の依頼あり。
    3種類のセットをお借りし、テスト撮影後作例の写真パネル制作予定。
  • 2017年度 会計収支報告(三輪会員より)
  • 年会費増額の提案
    下記理由等、協会活動をより厚くしていく為に年会費を¥15,000へ増額したい。
    但し、新入会員は変わらず入会金¥20,000、初年度年会費は¥10,000とし、2年目より増額としてはどうか。
    →総会にて提案、会員の是非を問いたい。

  • 会計、経理に関して
    前回提案にあった行政書士に顧問を依頼した場合、顧問料は約¥60,000/年。
  • 地方会員の活性化の為にどうすべきか。
    人数の多い関西地区会員は年に2回、複数会員が役員会に出席してもらい、関西地区の意見を提出して協議をし、結果を持ち帰ってもらう。
    関西地区会員へ結果を伝達の後、報告書を提出してもらう。(当協会より交通費補助 ¥50,000×2回/年 予定)
    →総会にて提案、会員の是非を問いたい。
  • 富士フォトサロン写真展2017 出展作品フォトブック(協会記録保存用)
    64ページ版が2部完成。総会にて公開予定。
  • 総務的な事柄の対応システムについて
    外部からの問い合わせなど細かな判断が必要な連絡がすべて事務局と広報に届いている。
    総務的な問い合わせ先を広報等とは別窓口とし、WEBに明記してはどうか。
  • 銀座ジャック2(仮)について
    昨年から話は出るのだが具体的に進んでいないので、方向性を決めたい。
    全会一致でプロジェクトを進めることを決定。

    実行委員長:浅田会員
    アドバイザー:堀内副会長
    実行委員:鈴木会員、中島会員、丸山会員、三輪会員、篠澤会員

    撮影時期:2018年8月頃?

    展示など開催時期:2020年5~6月頃?

    前回の銀座ジャックを踏襲し、同様の展示にするのか、並行する企画により内容を膨らませていくのか、展示場所や予算等を今後の役員会にて協議予定。
    前作を活かしながら同様に撮影して対比して見せる展示のみが良いという意見、前作との対比に加えて、路地裏をゲリラ的に撮影した複数を同時に作成して厚みを持たせたいという意見、路地裏をまとめた写真集を作りたいという意見などがあった。

    前回の反省を踏まえ、PRを事前から行いたい、
    WEBで制作過程を公開するなどの広報活動も行いたいとの意見も出た。
        
    取急ぎ 次回役員会までに前回多くのご協力をいただいた銀座振興会さまへご挨拶とご提案予定。

  • 次回役員会は3/12(日)18:00~ 渋谷区地域交流センターにて

20180204_1

20180204_2

20180204_3

20180204_4

20180204_5

(posted on 2018/2/7)

back to top of this page
TOP