日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

コラム
column

NOSTALGIC JAPAN ⑱懐かしい香り漂う町を訪ねて
~阿下喜の町並みと、古くからある歴史的な町屋~ 間歩(マンボ) 海老原一己


江戸時代、水不足に悩む農民が湧き水に目をつけ、小さい崖下から水平に穴を掘っていったのが
地下水路の間歩(マンボ)。阿下喜には複数あるようだ
間歩(マンボ)と呼ばれる横穴式井戸があることを今回の取材ではじめて知った


各々の宅地からマンボへ、それぞれ専用の階段で下るようになっており
マンボの出口は正に井戸端となっている

(posted on 2019/8/18)

海老原一己

Writer:

back to top of this page
TOP