日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

コラム
column

NOSTALGIC JAPAN ②「ベストサービス」豊島区池袋 海老原一己

「池袋のベストサービスに行けば何とかしてくれるよ!」

自動車整備工場でそう言われて来たのが池袋駅東口サンシャイン通りにある”ベストサービス”。
店舗は偶然にも撮影現場の裏手にあったので昼休みに覗いてみた。

「古いアメ車のスペアキーなんですけど作れますか?」
 
“車種は何?” 「クライスラーのダッジバンです」

“ああ、大丈夫だよ!”と言って、ものの5分で削りだしてしまった。

27年間池袋で合鍵を作り続けてきた店主 加藤敏雄さんは言う。
「私が作れない鍵は日本中どこへ行っても作れないと思うよ」

特許権のあるモノは作れないモノもあるが、それ以外であればイタリア製の精密機械であっという間に削りだす。加藤さんに話を伺っていると、目の前にある東急ハンズで無理だと断られたお客さんがスペアキーを持って現れた。“ちょっと待ってね!”と言うと、このスペアキーもたったの5分で削りだしてしまった。

この商売をやっていて良かったと思う事はなんですか?と訪ねると

“お客さんがもう無理だと思って諦めていたキーを作ってあげた時の喜ぶ顔”とニヤリと笑う。そう言う加藤さんの笑顔も素敵だ。

そんな加藤さんの前職は浜松町で雀荘を経営していたと言う。

今では前職が想像も付かないくらい”職人”の顔となっている。

(posted on 2017/11/29)

海老原一己

Writer:

back to top of this page
TOP