日本建築写真家協会

Japan Architectural Photographers Society

協会について
about us

日本建築写真家協会について

建築写真を職業とする写真家の職能と地位の確立のための活動、建築写真による創作活動の奨励、著作権の啓蒙と普及、優れた作品の発表などを通して建築写真文化の発展に寄与することを目的とした写真家集団です。

成り立ちは、1979年、文化功労者・日本写真家協会会長故渡辺義雄氏を中心に、組織の必要性を感じた写真家たちが「建築写真家集団」を発足させたことに始まります。その後、徐々に会員数が増し、地域的にも青森から九州まで広がった集団は、2001年組織も新たに「日本建築写真家協会(JAPS)」を設立し再発足いたしました。

事業としては、1993年に会員による第一回作品展「光と空間・建築の美」を東京、大阪、名古屋、福岡の富士フォトサロンで開催。今日まで隔年で7回開催された「光と空間・建築の美」は、仙台、秋田、高崎など地方への巡回展までに発展しています。

2007年5月には協会5周年記念事業として東京品川キヤノンギャラリーSで「銀座ジャック」を開催いたしました。会員有志が東京銀座通りを1丁目から8丁目まで1.1キロを撮影し、60mのパノラマ写真として展示した「銀座ジャック」は、新聞、雑誌に掲載され、写真界、建築界ばかりでなく多くの一般の人々にまで反響を呼びました。

日本建築写真家協会は、建築写真に携わる写真家の切磋琢磨の場であり、情報交換の場であり、サロンでもあります。多少の条件はございますが、広く門戸を開けておりますので、入会希望の方は規約をご覧の上メールまたはFAXにて申込み下さい。

お問合せ

役員

代 表
高井潔
会 長
小川泰祐
副会長
堀内広治
総務
三輪晃士 篠澤裕 渡辺重任 上岡弘和 中塚雅晴 山崎望輝 津布久智 西出貴文
広報
海老原一己 小野吉彦 山田新治郎 丸山泰 根本健太郎 伊藤まどか
地方委員
東北地方:八重樫知司
中部地方:車田保
関西地方:芥子富吉 平野和司
九州地方:佐藤二郎
事務局
水谷一郎 榛葉知子

入会規約

資格

  • 職業写真家であり、業務の中心が建築撮影であること。
  • 入会後3年以上経過した会員からの推薦があること。
  • 推薦者がいない場合には、役員による書類選考も可能。

選考書類

  • 業務で撮影した建築現場5ヶ所以上を、各2カット程度合計10枚以上、六切サイズのプリントにて、以下のデータを写真の裏に貼付して提出すること。(入会後、総会にて返却)
  • 「撮影者、撮影年月、現場名(建物名称)、完成年月、設計会社名、施工会社名」現在に至る経歴を記した書類(顔写真、事務所名、メールアドレス等も)

入会金

  • 入会時、20,000円

入会後の活動

  • 入会後初の総会には、特別な理由がない限り出席する事。(2年以内に必ず)
  • 入会後初回となる写真展には必ず作品を応募する事。
  • 入会後1ヶ月以内にWebサイト内のコラムを執筆する事。詳しくは広報担当に要確認。

協会規約

総則

  • この会は日本建築写真家協会と称す。
  • 英文名を英文名をJAPAN ARCHITECTURAL PHOTOGRAPHERS SOCIETYとする。
  • この会は事務所を有限会社東京カラー工芸社に置く。

目的

  • この会は建築写真に関する創造活動の奨励、著作権の啓蒙と普及、会員相互の親善、展覧会の開催、会報、名簿を発行し、建築写真を通し我が国写真文化の発展に寄与する事を目的とする。

事業

  • 会報、名簿、会員証の発行、写真展、親睦会開催、その他主な事業とする。

会員

  • 正会員、賛助会員で構成する。

入会

  • 主たる業務を職業建築写真家であること。
  • 入会には紹介者1名を必要とし入会規約に基づき受付ける。

会費

  • 年会費一万円、入会金二万円とし入会金は主に会員証の発行にあてる。
  • 会費は4月1日から翌年3月31日までの一ヶ年分とする。

役員

  • この会は役員を置く。役員は東京(10名程度)及び各地域に若干名置く。

総会

  • 総会は年1度開く。原則として毎年6月の最終金曜日とする。

会計

  • 会計報告を年1度総会で行なう。

運営

  • 会の運営は役員が行う。
back to top of this page
TOP